駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  Dies_irae~Acta_est_Fabula~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dies irae ~Acta est Fabula~ 感想

Dies irae 公式サイトへ

怒りの日はその未知なる終幕を迎える…




ジャンル学園伝奇バトルオペラADV
発売元light
発売日2009年12月25日
原画Gユウスケ
シナリオ正田崇
音楽与猶啓至
アーティスト榊原ゆい
総プレイ時間約27時間
総合評価C

~あらすじ~


1945年、5月1日……ドイツ。陥落するベルリンにあって、
ある儀式を行っている者たちがいた。
彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる
夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた。
その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない。
彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、
そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、
やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく。
聖槍十三騎士団――ナチスドイツの闇が生んだ超人たち。
彼らはいずれ戻ってくる。そのとき世界は破滅する。
ゆえに、再来を許してはならない――と。
そして61年の歳月が流れた。彼らを知っている者たちは、
その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた。
しかし――

2006年……日本。諏訪原市の学園に通う藤井蓮は、
とある事件を境に親友・遊佐司狼と決裂し、
殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた。
季節は秋から冬に――クリスマスを間近に控えた12月。
半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は
司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。
失ったものは戻らない。ならせめて、今この手にあるものを大切に……と。
だが、それすらも崩れ去る。
夜毎見る断頭台の夢。人の首を狩る殺人犯。それを追う黒衣の“騎士”たち。
常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。
その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきた
すべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。
変わらなければ、生きられない。生き残らないと、戻れない。
加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。
何も大層なことを望んでいるわけじゃない。正義や大義を振りかざしたいわけでもない。
ただ、還りたいだけ。つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。
悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する。
この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う――と。

聖槍十三騎士団との戦い。狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き。
その果てに、蓮はいったい何を見るのか。

■シナリオ

一人語り多めな大人の中二病シナリオ。
万人向けではないと思います。戦闘シーンは見物。

■キャラクター、グラフィック

常識人はいません。みんな頭のどこかが狂っています。
でもそこが魅力的だったりしましたね(特に敵側)

原画はlightでおなじみになりつつあるGユウスケさん。
戦闘シーンにおける迫力ある絵もそつなく描いておりレベルは高いです。

Gユウスケ先生 『あっちょんぶりけ』
あっちょんぶりけ

■音楽、CV

OP『Gregorio』はパイプオルガン(?)によるおどろおどろしさと
ドラムによる疾走感が気持ちいい良曲。

『Einsatz』といい『Gregorio』といい、
ゆいにゃんはこういったかっこいい曲がよく似合いますね。

どちらかといえば『Einsatz』のほうが好き。ギター最高。

CVに関して不満点はありません! 特に男キャラはヤバかったですね。ベイとか。



感想

全体的に高評価なのも納得のこのゲーム。

シナリオは若干の無理があったような気がしますが
よく練られていたと思うし、戦闘シーンも少ない立ち絵の中、
効果的なBGMを用いて迫力のあるものに見せていました。

それだけにもったいないなあと感じたのが
クドイくらい長い説明テキストおよび会話シーン。
神話とかまったく興味ない私(参考になりそうにないですが一応)にとって
過去話や獣殿らの一人語りは冗長すぎてダレるというか。。。
戦闘においても最後のほうでそれが目立ちました。
それさえなければかなりの良作だっただけにもったいなかったですね本当に。

そんなこと言うなら共通ルートの時点でやめろよとお叱りを受けそうですが、
ハマるところは時間を忘れて話に没頭したりしていたので
なんだかんだ楽しめたクチではありますね。良くも悪くも個性的な作品でした。



最後に

アツい戦闘シーンが見たい方にはオススメなこのゲーム。
ただし、11eyesみたいな萌えを期待するべからず!
男性キャラに萌えたいのなら話は別ですけどね(笑)



お気に入りキャラ
司狼、ベイ、ベアトリス

おすすめ攻略順
香澄→螢→マリィ→玲亜



スポンサーサイト
拍手する

Dies irae ~Acta est Fabula~ 氷室玲愛ルート

“Dies irae~Acta est Fabula~

香純と学園の人気を二分する先輩。
ドイツ系クォーターの整った容姿は表情に乏しく、物腰もクールかつ超然。
とはいえ、冷たい性格というわけではない。
どちらかと言えば天然であり、変人の部類に入る。ちなみに、家は教会。

ルサルカ・・・

※以下、ネタバレ注意。


拍手する

Dies irae ~Acta est Fabula~ マリィルート

“Dies irae~Acta est Fabula~


蓮の夢に現れる謎の少女。
日本人でないのは確かだが、その素性や本名は一切不明。
天使のような無垢な笑顔で、忌まわしいリフレインを口ずさむ黄昏の少女。

不倫という言葉が世界を変えてしまったこのルート。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

Dies irae ~Acta est Fabula~ 櫻井螢ルート

“Dies irae~Acta est Fabula~

大戦中に同盟国として、とある縁によりナチスに関わった一族の末裔。
このゲームにおけるツンデレ担当である(笑)

ベアトリスの容姿が一番ヒロインっぽく見えるのは私だけ?

まさに高潔な戦乙女。カッコいいです素敵です!
さすがスティックポスターに香澄を差し置いて起用されるだけのことはあります。
これでHシーンさえあれば文句無かったんですけどねw
もちろん螢もかわいかったですよ。ただ相手が悪かっただけで(笑)

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

Dies irae ~Acta est Fabula~ 綾瀬香純ルート

“Dies irae~Acta est Fabula~


女子剣道部部長。勝気かつ男前。
基本的に大雑把なキャラクターだが、蓮に対しては心配性で世話好きな一面も。
よくお姉さんぶろうとするが、それはあまり似合っていない。

司狼にホレたこのルート。

とにかくあの戦闘シーンはヤバかった!
最後の一枚絵と共にとどめを刺すところなんて
まさに演出の勝利といっていいでしょう!
久しぶりにゾクゾクした瞬間でした。

ただ、シナリオ自体は結局何の問題も解決していないんですけどねw

ヴァレリアがエクスカリバーを出すシーン。どう見ても卑猥なものにしか考えられないのですがw



拍手する

Dies irae ~Acta est Fabula~ 攻略開始 共通ルート

Dies irae 公式サイトへ

今回よりプレイ開始するのは“怒りの日”でおなじみ、
lightより発売された『Dies irae Also sprach Zarathstra』の完全版である
Dies irae(ディエス・イレ) ~Acta est Fabula~です。

アクチベーションがあるため敬遠していましたが
なかなかの高評価みたいなのでプレイすることにしました。



冒頭から中二病全開バリバリの神話が。
登場する人物がことごとくキメちゃっていて頭が追いついていかない状態に……。

長い過去のお話がようやく終わって現代編になると、
今度は元気系幼なじみ剣道娘が登場。
こんなに叫ぶ佐本さんは初めてな気がしますw
冒頭のアレはどこへやら、なんだか普通の学園生活を満喫する蓮たち。。。

かと思いきや!

第三章でのまさかの展開に“開いた口がふさがらない”とは
こういった状況なんだなとふと気づきました。
よりにもよって……こんなことになろうとは……

第四章覚醒、第五章閑話休題ときて、第六章ではついにあの男が登場。
なんかものすごい能力もってそうなんですが(^^;
もしかして聖槍十三騎士団?それともなにか別の……



そんなこんなで共通ルートまで終了したわけですが、
評判通り戦闘シーンは良さげですね。まあ良くないと困りますけども。
ただ、私の頭が高次元における神の領域に手が届かないまま
エンディングをむかえてしまいそう(笑) 中二病は嫌いじゃないんだけどなあ。

とりあえず、プレイし終えるまでグランギニョルを舞い続けることになりそうですw

今までDiesをホモゲーだと思っていました。『Einsatz』のジャケ絵のせいで(笑)



拍手する
Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。