駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  黄昏のシンセミア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄昏のシンセミア 感想

『黄昏のシンセミア』公式サイトへ

誰かを残して往く気持ちというのは、
どんな気持ちなのだろう……




ジャンル絆を受け継ぐ純愛ADV
発売元あっぷりけ
発売日2010年7月22日
原画オダワラハコネ
シナリオ桐月
音楽鷹石しのぶ
アーティスト佐藤ひろ美、瀬名
総プレイ時間約27時間
総合評価C

~あらすじ~

山に囲まれた風光明美な御奈神村(みなかみむら)。
天女の羽衣の伝説が残る、大きな神社を中心にしたのどかな場所だ。

大学生の皆神孝介は、夏休みを利用して母の故郷であるこの村を訪れる。
きっかけは叔母から受けたアルバイトの話。
懐かしいこの村では少女たちとの出会いと再会が待っていた。

友人のような実の妹・皆神さくや (みながみ さくや)
疎遠になっていた従姉妹の少女・岩永翔子 (いわなが しょうこ)
幼なじみの神社の巫女・春日いろは (かすが いろは)
そして、村で出会った正体不明の女性・銀子 (ぎんこ)

懐かしい顔ぶれと、新たに知り合う少女との出会いを経て、
孝介は少しずつ居場所を作っていく。

――しかし、孝介たちに襲い来る異変が、日常を壊していく。

山童 (やまわろ) という、村に伝わる化け物の話。
生き物を変質させてしまうという神話の薬の正体。
そして、伝承に残る天女とは、いったいなんなのか。

数々の真実を前に、彼らは決断を迫られる事になる――。

■シナリオ・システム

伝記:萌え=1:1。飛び抜けたものはなく、全体的にのんびり。
作中に結構な伏線がありますが、きちんと回収されていますのでご安心を。

流れを重視するためフラグメントと称し、サイドストーリー的なもので
物語を補完している点は個人的にメンドクサいですがよかったかと。

あっぷりけ作品の特徴となったフローチャートですが
今回はさらにパワーアップしてより便利になっていましたね!
なお、詳細は『黄昏のシンセミア』公式サイトで確認してみてください(手抜き
http://www.applique-soft.com/sin/stage.html

■キャラクター、グラフィック

攻略可能なヒロインは全部で7人。(サブ3人含む)
上はお姉さんから下は○学生までと様々なニーズに対応(笑)
大した葛藤もなく○学生に手を出す孝介さんマジパねぇっす!w
さくやの人気ぶりに納得。でもそこまで圧倒的でもないかなと。

原画は前作に引き続き、オダワラハコネさんが担当。
かなり進化されています。(とくに目)
あとはお尻の書き方を覚えるだけですねw

オダワラハコネ先生 『旅の宿オダワラ』
旅の宿オダワラ

■音楽、CV

OP『夏のファンタジア』はタイトル、歌詞、曲調すべてが作品のイメージにピッタリの良曲。
そのほか、BGM、挿入歌、EDも言うことなし!でした。

CVに関しては問題なし。個人的に良かったのはいろは。
馬鹿付き合いできて頼りになる(活発な)女の子がよく似合いますね中の人は。



感想

制作スタッフが非常に丁寧に作ったことがわかるこのゲーム。

村報や制作日記を見ればそれは一目瞭然であって、
ユーザーの意見を反映した上で、目立った欠点もほぼ無く、
すべての点において平均より上という出来、という、
一般的に見れば神ゲーの扱いを受けるべき作品でした。

そんな『黄昏のシンセミア』ですが、
私にはあまり響かなかったというかなんというか……。
非常にまとまりのある……いや、まとまり過ぎていたのではないでしょうかね?

前作『コンチェルトノート』は確かに粗のあるゲームでしたが、
まだ突き抜けた部分があって個性的でしたし、
その分、最後はかなり盛り上がりましたし。

そういった意味で『黄昏のシンセミア』は
安定しているものの波が小さく、少々退屈だった日常部分、
あれだけ引っ張ったのにも関わらずあまり盛り上がらなかったラストを含め、
物足りない作品ではありました。良作であることには間違いありませんけどね。



最後に

『地味な良作』といった評価がピッタリな作品。
まずは体験版をプレイすることをオススメします。
終始、同じノリなので気に入れば買いです。
80点狙いで80点が取れる、そんなゲームでした。



お気に入りキャラ
銀子さん、皐月さん、沙智子ちゃん

おすすめ攻略順
さくやは最後に。その前に銀子さんをもってきたらいいかも?



スポンサーサイト
拍手する

黄昏のシンセミア シンセミアルート

『黄昏のシンセミア』公式サイトへ

あの笑顔にすべて救われたと思っても仕方ないこのルート。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア 皆神さくやルート

完全なる皆上(パーフェクトおっぱい)


孝介の血の繋がった実の妹。
黒目黒髪の美少女だが愛想がなく、常に不機嫌そうな表情がマイナスポイント。
孝介いわく 「出来のいい妹」 であり、色々と首を突っ込む兄のお目付役。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア 銀子ルート

これはきれいな銀子さん


御奈神村で出会う、神秘的な雰囲気を持った女性。
大部分が謎のベールに包まれており、銀子という名も本名かどうか定かではない。
見た目と雰囲気は良いのだが、話してみれば一発で分かるガッカリ美人。

GMT!なこのルート。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア 春日いろはルート

バランスの良いヒロインでした。胸以外は(笑)


御奈神村の巫女。
孝介が住んでいた頃の親しい友人で幼なじみ。
性格は明るく仕事には厳しく、さっぱりした行動が信条になっている。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア 岩永翔子ルート

衝撃の瞬間!(笑)


孝介の従姉妹の少女。
母親にそっくりの温和な性格だが、物静かで人見知りの気がある。

思っていた以上に重かったこのルート。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア サブルート

三人とも伝記については触れておらず、
サブらしい普通の恋愛劇となっていました。

前作からの要望でサブキャラ攻略可能が実現したみたいですが、
コンチェの女サブって先生×2、ドリル、ウザ髪ぐらいでしたよね。正直いらないですw
野郎共との友情ENDは見てみたかった気もしますけど。

※以下、ネタバレ注意?


拍手する

黄昏のシンセミア 共通ルート

『黄昏のシンセミア』公式サイトへ

チャートにおける共通部分まで終了。(左右ともに7/29)

無駄にエロい妹・さくやが加わって、
徐々に孝介の本性が露わとなってきていますw

とくにおもしろかったのが水着品評会。
一気に変態度を増した孝介の力説が無駄にアツかったですw
また、それに対するヒロインたちの反応が
選択肢によって何パターンも変化することにビックリ!
無駄にがんばりやがって・・・w

もちろん私がさくやといろはから蔑むような視線を
向けられたのは言うまでもないですけどねw

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

黄昏のシンセミア 攻略開始 プロローグまで

『黄昏のシンセミア』公式サイトへ

今回より攻略開始するのは、あっぷりけの新作!
黄昏のシンセミアです。

選んだ理由は前作『コンチェルトノート』の主人公がよかったこと、
あとは『5分でわかる、黄昏のシンセミア』を見たからなのですが、
そういえば最近は“実妹と思っていたら義妹だった”
という設定が少なくなったような気が。
色々な所で実妹ルートが楽しめるのは良いことだと思いますけどね(^^



プロローグをプレイした感じ、作品を簡単に紹介するとこんな感じでしょうか?↓↓↓

都内の大学に通う主人公・皆神孝介はある日、
叔母の皐月さんに「(バイトを)やらないか?」と誘われ、
数年ぶりに生まれ故郷である御奈神村へ。
しかし、そこで孝介は数々の異変に出会ってしまう。
御奈神村に隠された秘密を解き明かしたとき、そこに待っているものは_

大まかな設定はコンチェと一緒のようです。
違うところを挙げるとするなら、今回は田舎ゲーということで
序盤からほのぼの展開が続くところでしょうか。

まず登場してくるヒロイン・翔子ちゃん、そしてその母・皐月さん。
破壊力バツグンの二人との夢の同棲生活から物語はスタート!(誇張表現

そこに幼なじみの巫女・いろは、謎の親父キャラ銀髪美少女・銀子さんが登場し、
田舎での酒池肉林のハーレムライフを堪能!(誇張ry

……と思いきや、終盤でその雰囲気は一変!

襲いかかる謎の恐怖、
そして絶望の淵へと立たされるハラハラドキドキの展開が!
緩急があってとてもよかったですね。



……というわけで、今のところ非常に楽しめています。
主に翔子ちゃんで。

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

翔子ちゃんにニヤついてしまう孝介に激しく同意してしまいましたw
翔子ちゃんと一緒にジャコス行きたい・・・

なので、最初にサブキャラを終わらせた後は
真っ先に翔子ちゃんをペロペロ攻略しにいきたいと思っています。



拍手する
Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。