駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  天使のいない12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天使のいない12月 レビュー&感想

―――願ったのは束の間の安らぎ
叶ったのは永遠という贖罪―――




ジャンルAVG
発売元Leaf
発売日2003年9月26日
原画なかむらたけし、みつみ美里
シナリオ三宅章介
音楽石川真也、他
アーティスト池田春菜、AKKO
総プレイ時間約9時間
総合評価C

~あらすじ~

人間関係は軽く薄く小さくがモットーであり、
なにごとにもいい加減で投げ遣りな生活を送っている主人公。

特にやかましい妹がいるせいもあって、女は面倒なものだと思っていた。
そんな主人公と違い、友人は女の子との恋愛に時間を費やし、
肉体関係になることに至上の価値を求めている。
もちろん主人公にも恋愛を勧めてくるのだが、
そんなことにはまるで聞く耳を持っていなかった。

ところが、ある女の子とのささいな言い争いから、
なりゆきと興味本位だけで、その場限りの関係を持ってしまい・・・・・・。

■シナリオ

セッ○スゲー。
お話は終始、暗い感じですがけっして鬱ゲーではないかと。
世の中に絶望し、刹那的に生きることは誰にでもあることなのかも。

■キャラクター、グラフィック

ヒロインは全部で5人。
どの娘も表面的にはしっかりしていますが
その内にはドロドロとして薄暗いものが・・・。
(約一名、しっかりしていない気もしますがw)

■音楽、CV

OP『I hope so...』は冬の寒空をバックに一人たたずむ
物悲しい作品イメージを見事に表現している曲です。
アコギのイントロがたまらなく心に響いてきます。

CVは今となっては実力派の方達ばかりが演じております。
若いっていいですね。今とほとんど変わっていませんけどもw



感想

心がこんなにも晴れやかになれないゲームは久しぶりでした。

人生の中で、思い悩み、たとえ絶望したとしても、
そこに刹那的な望みがあるのならばそれを信じて生きていく。

それはたしかに無意味なことかもしれませんが、
奇跡なんて起きやしないこの世の中ではそれが真実。
そうするしかないのです。

まあ、だからどうしたと問われれば何も言えませんが、
私が思ったことは一つだけ。
ほんと、人という種はとかくめんどくさい存在だということです。

それぞれが抱える想いは不変ではありませんし、
たとえば恋愛においては永遠の愛なんてどこにもないのです(おそらく)。
でもそれが人間らしいといえば人間らしい感情なので、
刹那的に生きるということはけっして間違いではなく、
もしかしたら素晴らしいことかもしれませんね。

・・・とまぁ、ハチャメチャなことを書き連ねてしまいましたすいません。
ここでゲームをプレイした中でとくに気になったことでも。↓↓↓

----------------------------------------------------------

■共鳴することができない主人公
最後まで共感を得られなかった時紀。(ほんとはいいヤツ)
でも、それがかえって第三者の視点から
物語を楽しめる要因になっていたのかもしれません。

■キャストコメント最高!
単に私が中の人スキーなだけなのですが、
どの方もそれぞれ特徴があっておもしろかったです。
中でも印象的だったのが鷹月さんと井村屋さんですかね。
井村屋さんの真面目トークと鷹月さんのイエス!トーク。
あまりのギャップの違いに笑えましたw

----------------------------------------------------------



最後に

ハッピーエンドなんてないタイトル通りの作品。
泣きゲー、鬱ゲーではありませんが、萌えゲーばかりやっている方も
たまにはこういったのをやってみると新たな発見があるかもしれません。
このゲームをやって前向きになろうとは思えませんけどねw



お気に入りキャラ
雪緒

おすすめ攻略順
真帆は最初に、透子は最後に。



スポンサーサイト
拍手する

天使のいない12月 栗原透子ルート

オドオド系の最高峰。リアルにいたら勘弁w


主人公のクラスメイト。
常に幼なじみでクラス委員のしのぶに引っ付いて行動している。
自分にまるで自信がなく、人の顔色ばかりうかがっている。

セッ○スから始まった二人の関係。
しかしそれは恋人という関係ではない二人のどこにも愛のないただの行為。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

天使のいない12月 榊しのぶルート

おもらしーちゃんw


透子の幼なじみでクラスメイト。
そしてクラス委員。優等生であり責任感が強いことから
クラスメイトから頼られることが多い。

強く在り続けられる存在を失った途端の崩れ方が尋常でしたね。
まさかこんなに依存してしまうキャラだとは・・・
予想外でビックリしてしまいました。
というかトン子の神経太すぎだろw

でも、それは自分を極限まで律しているからこそなわけで、
その脆さは薄氷のごとく・・・といったところでしょうか。
それでも時紀を求めてしまったしーちゃんに強さと弱さを感じたシナリオでした。

このころから中の人は自由人だったみたいですねw(by キャストコメント)



拍手する

天使のいない12月 麻生明日菜ルート

天使・・・


仏文科在学の女子大生。
主人公のバイトしているケーキ屋の先輩にあたる。
大人の女性として常に余裕のある姿勢を崩さないが、
言動の多くはお茶目で小悪魔的。

求めすぎてしまったが故に生まれた偽りの自分。
本当は愛情を与える側にいたかったのに。

明日菜さんカワイソス・・・(´・ω・`)
でも、時紀も明日菜さんも相手に見捨てられたくない!
という強い気持ちがあるのだからこの二人なら
それだけでもやっていけると勝手に思っています。
いつかそれが本物の愛になることを信じて_



拍手する

天使のいない12月 須磨寺雪緒ルート

真面目な不思議ちゃん


主人公と同じ学校に通う二年生。
ケーキ屋のバイト店員。上品で礼儀正しく、
なにごとにも落ち着いている。

大切なものを失ってしまうとより感じてしまう
もう何も失いたくないという気持ち。
そんな誰にでもある心の機微。
でも、雪緒にとってそれは“死”を望んでしまうほど
大きなトラウマだったわけで。

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

天使のいない12月 葉月真帆ルート

元気系、慕ってくれる後輩

主人公と同じ学校に通う一年生。
ラクロス部部員。主人公の友人の彼女。
性格は明るく元気。いささか落ち着きは足らない。

純粋な恋愛にセッ○スは必要なのか?

※以下、ネタバレ注意!


拍手する

天使のいない12月 攻略開始

『天使のいない12月』公式サイトへ

今回よりプレイ開始するのはLeafより2003年に発売された、
天使のいない12月です。

なんで今ごろになってこの作品を選んだかについては
CVの方々を見ていただければ一目瞭然ですねw
好きな声優さんがここまで揃うゲームは初めてかもしれません。

そんな軽い感じで始めてしまった天いなですが、
内容はけっこうドロドロしている模様。
中でもトン子は始めからあんな関係なので
他ルートでは報われないんでしょうね作品的にも・・・
かわいそうなのでトン子は最後に回してあげようかななんて思ってます。

そんなこんなで進めていくと、ようやく井村屋さんキャラである雪緒が登場。。。

すごく……大人っぽいです……

主人公と同学年なのにこの貫禄。さすがです!
シナリオ超重そうですけどねw



拍手する
Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。