駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フレラバ ~Friend to Lover~ 感想

『フレラバ ~Friend to Lover~』公式サイトへ

友情発恋愛行き






ジャンル恋愛ADV
発売元Alcotハニカム
発売日2013年6月28日
原画あめとゆき、ひなたもも、REI、かのら(サブ)
シナリオチーム・フレラバ
(早瀬ゆう、木村ころや、柊晴空、松倉慎二)
音楽Angel Note
アーティスト真里歌、夏希美羽
総プレイ時間約21時間
総合評価B

~あらすじ~

今年もまた春が来た。
桜が咲き乱れ、新しい生活の始まりに思いを寄せる季節だ。
この学園生活も2年目に入り、
ようやく余裕も生まれてきた時に周りに目を向けると……

「これからブリーフ狩りを始める、ボクサーパンツはセーフ、ノーパンは論外だ!」
「おい! 部屋のパンツ放置してたらキノコ生えてきたんだけど!!」
「ごめんね? 僕リザードマンにしか欲情出来ないんだ」
「……風が泣いているな」

俺の周りにはこんなヤツばかりだった。
いや、確かにコイツらとつるんでいるのは楽しい!
だけど俺の学園生活は……たった一度の青春はこんなもので良いのか!?
満ち足りているけど満ち足りていない。そう、足りないものに気付いてしまった。
俺だって健全な男のコ。だからこそやっぱり彼女が欲しい !!

思えば変わっていくもの、気付くもの。
男も女も思いは同じ。“俺は(私は)恋がしたい”
そこから始まる恋心。
――待っていたって は始まらない

■シナリオ

共通という名の友情パートは約6時間(会話を網羅するなら+2時間ぐらい)、
個別という名の恋愛パートは2.5~3時間程度。
今回はタイトル通り、主人公とヒロインとの恋仲発展模様を重視!
よって、ギャグはいつもより不条理さ抑え目。たまに爆発していましたけどね(笑)
しかし、鍛えられた戦士ですら砂糖を吐くほどに甘々なイチャラブはやはり健在。
ヒロインに求め求められ、それぞれが幸せになっていく様子は
見ているだけで大満足してしまい、“シナリオなんてどうでもいいや!”
って感じになってしまうはず。もちろん、シナリオ自体もよかったですよ。
意外なラストがあったりして地味に泣けます。幸せの涙です。

■キャラクター、グラフィック

皆原 陽茉莉望月 理奈
柊 ゆずゆ沢渡 岬

ヒロインは同級生3人と先輩1人の全部で4人。
人気はうまい具合にバラけている印象。
ヒロイン全員が良い意味で普通より少しハズしたキャラ設定だったのは◎。
特に、幼なじみでありながら幼なじみでない陽茉莉とか。
シナリオへの活かし方も含め、この点に関してはスゴいの一言に尽きます。

ヒロインもよかったですが、同様に素晴らしい働きをしてくれた
主人公にも拍手を贈りたいですね。
普段は歳相応のかなりのおバカちょっとお茶目、
恋愛に積極的でありながら、ヒロインと仲良くなっていくに従い、
彼女を第一に考えることの出来るようになっていく心優しいイケメンに!
そんな彼が不器用ながらも溢れる思いの全てをぶつける告白シーンは、
何度見てもステキすぎて涙出そうになります。感動した!
ラストでも普通ならなかなか出来ない男っぷりを見せてくれましたし、
やはり主人公も作品を彩る主役の一人なんだと改めて実感しました。

friendlover_kokuhaku.jpg

今作の原画担当は前作に引き続いてのお二人。
そして、とある作品で個人的に思い出深いREI先生も参加!
CGは確実に進歩しており、ヒロインの可愛さをより自然に描かれていました。
(↑のシーンはCG共にここ数年の中でもBEST3に入るくらいにはお気に入り)
・・・だがしかし!どうしてもやはり気になってしまったのがゆずゆの横顔!
アレはさすがにリテイクだしてもよかったのではないかと。違和感しかなかったです。

ひなたもも先生 『A-G』
A-G

あめとゆき先生 『あめ のち ゆき』
あめ のち ゆき

REI先生 『REI'sROOM@JP』
REI'sROOM@JP

■音楽、CV

OP『quantum jump』はどう聞いてもknowi・・・切ない青春ラブソング!
意味は“飛躍的進歩”だそうです。作品にピッタリのタイトルですね。
歌詞、メロディー共に今年聞いた曲の中では一番の出来でしょう!
しかし、SMEE作品は良曲に恵まれて羨ましい限りですねえ。


あの時、あの場所で、出会えたあの偶然は偶然じゃない――
“あなたの傍にいることのできる今この一瞬の幸せにありがとう”

CV陣に関しては個人的に問題なし。陽茉莉はHシーン含め◎。
評価の難しい方がいるにはいましたが、それはきっと制作陣のせいです。



感想

マイルドな進化ばかりではなく、常に新しいことに挑戦していくSMEEさんらしいこの作品。

friendlover_q.jpg

そう思わせてくれたのはやはり、フレンドパートにおける独自の会話システムでしょう。
一日に二回、話題のトピックを選んで意中のヒロインと会話し、
好感度を上げていきながらヒロイン毎のシナリオを楽しむこのシステム。
コレに関しては賛否両論・・・というか否な方が多いですねやはり。
このシステムは昔から様々なコンシューマーゲームにおいて見てきたわけですが、
どうやっても作業プレイ感を感じてしまうのが大きな問題点であり、
開発側も分かってはいたと思うのですが、それでもあえて挑戦したSMEEさん。
それは、この作品のコンセプトである『好意の蓄積』、『 コミュニケーション』
そして、“自分からヒロインを恋に落とす”
明確に表現するためだったのではないかと私は思っています。
まあ実際、私は楽しめましたよ。自分で選んで行動した結果、
それが失敗したとしても、それはそれで満足出来ますし。
普通のゲームなら自分の意志に関係なく、ライターさんが描く主人公の行動を
ボーッと見ているだけな受けの姿勢でしか物事を見ることが出来ませんからね。
それよりは、『ついに彼女ゲットしたぞーーー!』みたいな感じで
主人公共々、喜びを分かち合えたほうが断然良いってものです。多分。

friendlover_k.jpg

今作はより恋愛重視ということもあり、爆笑する回数はめっきり減ってしまいました。
これは確かに残念なことではありましたが、ヒロインの可愛さを全面に出していくためには
このぐらいの笑いでちょうどよかったかもしれません。いや、絶対にそう!
前作のラブラブルに比べ、よりイチャラブに没頭することが出来ましたし、
よりヒロインのことを大切に思えるようになりましたし。(コレ意外と大事!)
とはいうものの、他ブランドに比べれば笑える部分は十分に多かったですけどね。
(両親、リザードマン、普通すぎるモチョッピィetc・・・)

SMEE.jpg

『フレラバ ~Friend to Lover~』は『らぶでれーしょん』、『ラブラブル』、
『同棲ラブラブル』に次いでプレイさせていただいたわけですが、
こうして見ると、自分たちのやりたいようにやっていながらも
時代のニーズを読み取り、ユーザーの求めるものを追求して
より良い作品を生み出そうとするSMEEさんの気概がアリアリと伝わってきますね。
実に素晴らしいと思います。これからも頑張ってください。応援してます。



最後に

イチャラブゲー好きは黙って購入するべし。
会話パートが面倒くさいなあと思っても、とりあえず続けてみてください。
きっと最後には幸福感で満たされるあなたがそこにいますから――

お気に入りキャラ
陽茉莉、理奈、ゆずゆ

おすすめ攻略順
特になし。お気に入りを最後にしてモチベーションアップ!



※ここから先は各ルートの攻略感想です。クリア順で記載。
一応、ネタバレ注意で↓↓↓


スポンサーサイト
拍手する
Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。