駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム(作品別は右上へ)  >  祝福の鐘は、桜色の風と共に >  祝福の鐘は、桜色の風と共に 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祝福の鐘は、桜色の風と共に 感想

『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』公式サイトへ

心を許しあえる運命の相手を見つけよう






ジャンルADV
発売元すたじお緑茶
発売日2012年10月26日
原画あなぽん、広瀬まどか(SD原画)
シナリオ氷雨こうじ
アーティストμ
総プレイ時間約12時間
総合評価C

~あらすじ~

主人公・堀田秀治は無名の音楽家の父・祐平と二人暮らしをしていた。
だが、父親は生活のために借金を重ね、
ついにはとても払える額ではなくなってしまう。
二人は夜逃げも覚悟したが、そこに秀治の母方の祖父・鳳源三が現れる。
突然現れた源三は、秀治に家を継げと言う。
源三は各界に影響を与えるほどの名家・鳳家の現当主。
孫である秀治に、鳳家を継がせるためにやってきたのだ。
自分ならば、父親の借金を今すぐに払ってやれると言う源三。
秀治はそれを承諾し、借金を肩代わりしてもらう代わりに鳳家の後継ぎになることに。

しかし、話はそれで終わりではなかった。
家を継ぐのだから嫁がいなければ格好がつかないと、
源三のもう一人の孫でいとこの鳳まりあと婚約することになってしまう。
当のまりあは婚約に反対。 秀治も互いの気持ちが大切だとこれに反対。
それに対し源三は、ならば自分で相手を見つけてこいと言う。


期限は一年。
それまでに自分で花嫁候補を見つけてくること。
それができなければ、正式にまりあと婚約することになる。
秀治は、源三が理事長を務める名門・南桜丘学園へと通いながら、
源三の納得のいく花嫁を探すことに……。

■シナリオ

共通時間、個別は約2時間とフルプライス作品にしてはかなり短め。
メインヒロインのまりあだけ少し長めだったかな?
一日の流れ(朝食→学校→昼食→下校→夕食)がずっと同じなのは
まあ仕方ないとはいえ、食事のシーンがこれでもかというくらい、
挿入されていた点に関しては、水増し疑惑が挙がっても仕方なし。
“祝桜=食事”というイメージが定着すること間違いないでしょう。

キャラ同士の賑やかな掛け合いは相変わらず上手い印象が。
昨今の事情を反映してか、シリアスは極力短めに抑えつつ、
シナリオ後半はイチャラブシーンを多めに盛り込んだものの、
シナリオ量の絶対的不足により、物語を盛り上げるための下地を作れず、
結果的に起伏のないシナリオになったり、あるいは展開が早急に感じてしまったりと、
所々で物足りなさを感じることが。物足りないといえば、
特にエンディングへの突入の仕方とか。盛り上がり皆無でしたし。

■キャラクター、グラフィック

鳳 まりあ西九条 奏音
北園 紗夜東雲 うらら

攻略可能ヒロインは全部で4人。
バランスよし、中の人との相性よしと言うことなし!完璧でした。
祝桜は“究極のキャラゲー”と言ってもいいかも。
変態友人枠であった隼人も最初は物足りなさを感じたものの、
とあるルートでの活躍や、ふと見せる心優しさはまさにイケメンの名に相応しく、
最終的にはかなり好きなキャラになっていました。

原画は商業ゲーム初参加、あなぽん先生が担当。
個人的にはかなり好みの絵。少々ロリ巨乳っぽいところとか。
Hシーンの構図なんかはかなり頑張って描かれていました。

あなぽん先生 『ANAPOM』
ANAPOM

■音楽、CV

OP『panorama chime』はお嬢様ゲーにしては割とポップな印象の曲。歌詞がカワイイ!
サビ部分の映像との相性はバツグンで、ヒロインたちの可愛さを引き立てています。

CV陣は上に書いた通り文句ないです。緑茶さんは毎回素晴らしいお仕事をなさる!



感想

大ヒットした前作『恋色空模様』の反省点を改善した結果、
とんでもなくボリュームが減ってしまったこの作品。
比較すると半分ぐらいにまでダウンしていたかなと。うーん……
まぁ、長い短いのどちらが良いかというと、それはもちろん前者ですが、
もし、祝桜で長い個別をやるとするならば、親同士のケンカがもっと長引いて、
ヒロインと離ればなれの日々が続くだけという展開になるのが容易に想像つくので、
今作に限っていえば、これはこれでよかったのではないかなと。
要するに設定自体が安直すぎただけなんですけどね。

iwaou_02.jpg

あとは全体的に安っぽさが目立っていたなあと。
たとえば背景。プレイヤーが容易に想像つく、
お金持ちのイメージを視覚的に再現しやすい部分なのですが、
お金持ちが通う学園にしては至って普通の教室、
専用絵が無く、豪華さが伝わってこない食堂のVIP席や
もの寂しいパーティー会場等々、作り込みが甘かったです。
日々、繰り返される食事のシーンなんかも、ちょっとした一枚絵があるだけで
だいぶ良くなるのになあなんて思いながらプレイしていましたしねえ。
この辺がしっかりしていれば、シナリオが多少短くても
文句を言うこともなかったかもしれません。多分ですけど。

とはいえ、キャラクターに関していえば、さすが!と思わせてくれた緑茶さん。
前作、今作の経験を活かせば、恋空以上の大ヒット作が
飛び出してきてもおかしくないはない、と私は思ってます。



最後に

体験版だけで判断するのは難しいですが、絵が好みで
サクッと終わらせられる作品を御所望の方にはオススメです。
世間の評判はイマイチですが、私は好きですよこの作品。

お気に入りキャラ
まりあ、奏音ちゃん、ジジイ(笑)

おすすめ攻略順
特になし。でも、まりあはやっぱり最初かな?



※ここから先は各ルートの攻略感想です。クリア順で記載。
一応、ネタバレ注意で↓↓↓



まりあ

生真面目で負けん気の強いお嬢様。
やはり中の人のツンとデレは最高だな!
某愛理に似ているなあと思っていたけど、やはりそうでした。
ぬいぐるみの件は身構えていても、つい笑ってしまったかわいい!
しかし、序盤のまりあは常に叫んでいたような気がします(笑)

iwaou_maria01.jpg

シナリオはテンプレ中のテンプレで驚きはまったくなし。
まりあから告白っていうのは、その際の説明でまあ納得。
しかし、秀治のことを知らぬ間に好きになっていたというが、
あともうちょっとだけ、そこのあたりの描写があればよかったですね。

それと、茜ちゃんの立ち絵が欲しかった……!



奏音ちゃん

天才音楽一家の血を受け継ぐ将来有望なピアニスト。今作の癒し担当。
おとなしい性格でありながらも見てて飽きない後輩キャラであり、
そして、おっぱいも将来有望な天使ちゃんでもありました。

iwaou_kanon01.jpg

奏音ちゃんルートもテンプレ&盛り上がりに欠けるシナリオでしたね。
よく言えば“平和な感じが続く”、といったところでしょうか。
演奏会にしろ体育祭なんかも、もっと盛り上げられたはずでしょうが、
でも、奏音ちゃんというぽわぽわしたキャラにはこれが合っていたのかもしれません。
ニヤニヤ成分は十分に堪能できたので、これはこれでよし!かなと。
ちなみに体育祭のハードルシーンは不覚ながら爆笑してしまいました。
揺れるおっぱい、おっぱいの祭典……最高でしたね!(笑)



紗夜先輩

有名政治家の孫娘であり、いろんな部分がちっちゃな先輩。よく迷子になる。
甘やかし甘えたがりな先輩かわいいなあ!
あと、このルートではまりあ、岡山さんが良い仕事していました。

iwaou_senpai01.jpg

紗夜先輩はどうやって秀治のことが好きになったの?
もしかして、迷子になっているところをよく見つけてくれたから?
……なら仕方ないか!(笑)

鳳家と北園家の喧嘩の原因……
それはクソジジイ(笑)のクソジジイ(笑)に対する戯言という
なんともくだらないものでしたが、微笑ましい形で決着させた辺り、逆に良かったかなと。
盛り上がりの欠片すらないシナリオではありましたけどね。



うらら

躍進目覚ましい金融ファイナンス社長の娘。地毛は黒髪。
見た目通りのあっけらかんとした性格、しかしその裏にはとある過去が。

中の人にピッタリのキャラ。「ぷっぷー」似合いすぎです。
いやしかし、ビックリしましたねうららルートは。
うららは当初、『ちょろ甘さんだなこの娘は』と思っていましたからねえ。
(BADルートでの最後のセリフがもう痛くて切なくて・・・)

iwaou_urara01.jpg

家の問題によって、ヒロイン(うらら)本人が
大きな影響を与えられてしまうというお話でしたね。
前3ルートとはちょっと志向の違うモノでしたが、周りの助け(隼人△!)や
主人公の頑張りによってヒロインと結ばれるという展開はやはり良いものです。
祝桜のシナリオの中ではまりあと同じくらい好きかもしれません。
まあ、告白シーンは相変わらず(笑)でしたけどね。うららもトラウマから立ち直り早すぎ。
もっと落ちこんでいるうららが見たかったなあ!(ドS
あと、おままごとのシーンは単純にスゴいなあと。おこめやさん(笑)



拍手する
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。