駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム(作品別は右上へ)  >  あえて無視するキミとの未来 >  あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 感想

『あえて無視するキミとの未来』公式サイトへ

――きっと、君を好きになる/ならない






ジャンル~君と未来を探すADV~
発売元Alcotハニカム
発売日2012年11月30日
原画風見春樹、タコ焼き、Riv、あおなまさお(SD原画)
シナリオ瀬尾順
音楽Angel Note
アーティストtohko
総プレイ時間約14時間
総合評価C

~あらすじ~

「――きっと、君を好きになる/ならない」
主人公・沢渡拓郎はとある特別な能力を持っていた。それは未来視ができること。
予知夢だったり、突然思い浮かぶイメージだったり、形は様々だが命中率は100%。
しかし、先の事が分かってしまうのも善し悪し。
拓郎は卒業後の進路も、そして、その先の未来も知ってしまった。
人生の結果をもう見てしまったようで、何事にも熱心になれない。
すべての努力がむなしく思えてしまう。
今日も今日とて、用もないのに部室に入り浸るだけの日々。
居心地の良いコミュニティで無為に浪費される青春タイム。
退屈だけど、まあ仕方ない――そんな風に思っていた。

そんな拓郎の前に、一風変わった転校生・三咲爽花が現れる。
驚くべきことに、彼女は拓郎の未来視による予測をことごとく覆す。
「未来は自分でつかむものだ。あらかじめ決まってるものなんかじゃない」
自分とは真逆の考えを持つ少女の登場に拓郎は戸惑う。


そして、ある日の未来視で拓郎は知る。
爽花は近い将来、自分の彼女になる子だと――

拓郎は爽花と結ばれるのか?結ばれないのか?
未来は決まっているのか?決まっていないのか?

■シナリオ

共通約2時間、個別はメインのみ3.5時間、あとは各3時間なかったぐらい。
このブランド特有のまったりとした雰囲気&軽快なテキストは相変わらずで非常に好み。
部活仲間たちとのgdgdな日々をお楽しむ、心地良いまったりだら~りぬるいシナリオは
人によってはメリハリがなく、物足りないかもしれないし、感じ方は千差万別かと。

■キャラクター、グラフィック

三咲 爽花沢渡 七凪
橘 南真鍋 計

ヒロインは全部で4人。しかして、人気は幼なじみのほぼ一強に。
まあ、これは仕方ないです。プレイすれば分かりますが、
こんな素晴らしい幼なじみはなかなかお目にかかれないかと。
常にボケを狙ってくるまさに肉食系女子(笑)なのですが、
主人公と同じ能力を持つ青春大好き少女、放送部の女神、
他作品ならもっと話題になったであろう超絶ブラコン妹を差し置き、
幼なじみヒロインとして落ちこむ主人公を支えてくれたり、
ある時は良き友人として一緒にバカやってくれたり、とにかく幼なじみやってくれてます。
なにより、健気過ぎるところがまたグッと来るんですよね。
机の・・・いや、なんでもないです(笑)

そして二番手にはこちらも同じく幼なじみの流々兄貴!
計と同じく主人公の幼なじみであり、計と一緒に場を引っ掻き回したり、
時には放送部を(機械的な意味で)牽引したりとまさに獅子奮迅の活躍!
計に負けず劣らずの魅力あるヒロインでした。サブですけどね!(笑)

今作の原画担当はハニカムでおなじみの3人。もちろんSDも。
塗りは比較的に大人しめな印象でしたが、作風に反してなかったで大丈夫。
大人な先輩にRiv先生を充てがったのは正解だったと思います。

風見春樹先生 『風見神宮』
風見神宮

タコ焼き先生 『焼けました?』
焼けました?

Riv先生 『SOLOIST』
SOLOIST

あおなまさお先生(SD原画担当) 『ぷりずし』
ぷりずし

■音楽、CV

OP『SIGNAL』は汗臭くない爽やかでまぶしい青春ソング!
特に歌詞が良いです。過去から未来への羽ばたき感とかね(適当)
また、2番の歌詞がとにかく素晴らしいです。本編をやれば分かりますが、
とあるヒロインルートのストーリーをなぞっているんですよね。
『主人公、そして仲間たちに救われた。今度は自分が守ってあげる番だ!』
という決意がバシバシ伝わってきました。中間奏への繋がりも◎。

CV陣はメインに旬な方たちが。違和感はまったくなし。
中でもやはり群を抜いてよかったのは計ですかね。
主人公との微妙な距離感をあそこまで絶妙に演じてしまうとは……恐ろしや。



感想

メインヒロインが一番地味だったこの作品。そうでもないですが。
キャラ的にコレ!という属性が無かったのは痛かったですけどね。

aemushi_w.jpg

とにかく良かったのは幼なじみである計&流々のお馬鹿コンビ。コレに尽きます。
最強最悪のこのゴールデンコンビはいつでもどこでもボケ&ツッコミをしてくれやがり、
笑いでもシリアスでも泣いちゃうシーンでも、良い意味でトラブルメーカーでした。
この二人のしょうもない話に何度笑ったことかもう忘れましたよw
とにかく息ぴったりのダブル幼なじみでした。やはり幼なじみっていいですよね!

aemushi_02.jpg

残念だった点といえば、作品の根幹でもあったであろう
未来視設定がほとんど活かされていなかったことでしょう。
未来を予測することで、ヒロインたちを窮地から救うという
感動的な展開があるだろうなあなんて誰もが思っていたでしょうが、
実際はというと、あえてそれを(ほぼ)無視、というか
未来視の必要性を感じることのない、部活動中心の爽やかストーリーでしたからね。
とはいうものの、この作品のコンセプトとして未来視設定を
全面に押し出していたから残念に感じてしまったわけで、
そうじゃなかったら別になんとも思わなかったでしょうねおそらくは。

あとはフルプライスだったことですかね。シナリオ量が価格に見合ってないし、そもそも、
このブランドが売れるきっかけとなったのはやはり、ミドルで出してきたからでしょうし、
あとは担当ライターさんもミドル向きなんじゃないかなと個人的に思っています。
儲け的には苦しいかもしれませんが、このブランドを大切にしていってほしいので。



最後に

歴代最強クラスの幼馴染みと出会えるというだけでお得な作品だと思います。
いろんなことはあえて無視して、放送部で仲間たちと一緒に青春しよ―ぜ!

お気に入りキャラ
計、流々

おすすめ攻略順
先輩→ナナギー→計→爽やかさん



※ここから先は各ルートの攻略感想です。クリア順で記載。
一応、ネタバレ注意で↓↓↓



南先輩

部室にひっそりと佇むオアシス的存在であり、放送部に必要不可欠なみんなの先輩。
拓郎の居場所を作ってくれたりと、お話的にも欠けてはならない御方でした。
ぽわ~っとした先輩のイメージとはかけ離れた純真無垢な笑顔は可愛かったですね。

aemushi_minami01.jpg

ハニカムでまさかの主人公童貞じゃなかった件について。
でも、これってけっこう新鮮だったですよ。放送部らしいラストは良かったけれど、
やはり最後は楽しく文化祭を迎えて欲しかったなあなんてしみじみ。
文化祭に向かって『きらめけ青春!若さ爆発!文化祭も爆発!』みたいな感じでね。
でも、“このダラけた日常風景こそが放送部の醍醐味なんだぜ!”
と主張したい気持ちもよく分かりますです。



七凪

主人公の妹。極度のブラコンであり、通称、駄妹2号。
駄の部分ではやはり1号>2号でした。先代はやはり偉大でしたね(笑)

aemushi_nanagi01.jpg

七凪ちゃんの新妻ダイアリー始まった!(嘘)

先輩ルートは一年前のお話が主体でしたが、こっちは更に遡ること10年前、
拓郎が沢渡家に来た時の経緯が語られるわけで。
しかし、その原因はとても辛いものでした。まさか……ね。
まあ、拓郎のお母様に対する微妙な距離感の原因としては超納得しました。
けっして、教える訳にはいかない悲しき過去――
当然、七凪に知られてしまいますけどねシナリオ的に。
それ以降は、よくある暗い雰囲気が続いてしまうわけですが、
それを打破する最後のシーンはよかったですね!台本に記した七凪への思い、
許しを請うことさえ出来ずにいた七凪が救われたその一瞬から、
そしてコミカルなオチに至るまでの涙あり笑いありのラストは文句無し!
最後のセリフにもナナギーの全てが表されていたのではないでしょうかね。



主人公の幼なじみ。どこまでも幼なじみ。そして無駄に巨乳。
沢渡さんへの想いとそれに反する幼馴染としての微妙な距離感が
どこまでももどかしくてもどかしくて……(T_T)

aemushi_kei01.jpg

幼なじみというのはいつでも不運な役回りを受けてしまう役柄というもの。
計もご多分に漏れず、ことごとく告白に失敗してしまうわけです。
(沢渡さんのスルースキルのおかげで)
しかし、そんな彼女を救ってくれたのは教室に佇む一つの机でした。
まさかね、机が10年超しの思いを伝えてくれるなんて、
そんなのサンプルCGからはまったく予想していませんでした。
そしてそこから始まるオナガー伝説はもうヒドすぎて思わず涙が。
計ごめんよ笑ったりして。でも仕方ないよね。気持ちいいんだもんね(笑)

でも、極上の笑いと切なげさの両方が合わさっていたからこそ、
あのシーンはここまで話題になったのでしょう。
2012年最強のヒロイン誕生の瞬間でした。

aemushi_ruru.jpg

そんな計ばりに活躍なさるのが同じく幼なじみ2号のDJ田中流々。
健康的な腋が眩しい、至って普通な騒がし系ヒロインでしたが、
計とコンビを組んだ日にゃもう、ね。もう笑いが止まりませんでしたよ。
まさに以心伝心の二人が繰り出す、華麗なるボケ&ツッコミの応酬はまさに神業!
あんなに息の合ったコンビを描いたライターさんはほんとスゴいです。

最後は青春ど真ん中でしたね。まさにど真ん中。ビバ青春!自転車早すぎ(笑)
言えたのに言わなかった・・・そんなどこまでも親友思いな流々に涙ですよ沢渡さん!
いつかまた出会える日を信じてます。いや、絶対この3人ならきっと……!



爽花

主人公同様、未来視が出来る転校生。とにかく青春が大好き。

子供の頃、学生の爽花に会ったことがあるはずなのにどうして今ココに……!?
そんな疑問も最後にあっさりと解決してくれました。
……ったく、もったいぶりやがって(笑)

aemushi_souka01.jpg

ここにきてようやく未来視大活躍だったわけですが、
シナリオ自体は平凡に終わってしまい、残念でした。
せっかくルートロックかけたんですから、頑張って欲しかったところ。
まあ、シナリオ以上に残念だったのは、感想にも述べた通り、
この作品における爽花の薄キャラクター性でしょう。
物語の鍵を握る人物であり、目立つべき存在であったのですが、
妹と幼馴染ーズの個性があまりにも強すぎてしまい、
爽花ですら凡用ヒロインにしか感じられませんでした。
キャラになにかしらのアクセントが欲しかったですね。ブルマを全面的に出していくとか。
しかし、最後は放送部らしい終わり方でよかったかなと。タイトルも回収しましたし。
『俺達の願いを載せた電波はどこまでも伝わっていくぜ!』



拍手する
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。