駄目人間のなんとなく書き続ける日記

アニメ、ゲーム好きな駄目人間の感想日記(ネタバレあり注意)です。
駄目人間のなんとなく書き続ける日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム(作品別は右上へ)  >  デュエリスト×エンゲージ >  デュエリスト×エンゲージ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デュエリスト×エンゲージ 感想

『デュエリスト×エンゲージ』

乙女たちのたおやかで熱いバトルという名の
フィアンセ争奪戦が始まる!!






ジャンルADV
発売元プラリネ
発売日2011年04月08日
原画了藤誠仁、吉飛雄馬、
ヤマ・びっこ(サブ原画)、鳥取砂丘(SD原画)
シナリオ紺野アスタ、たにかわたかみ
アーティストDuca
総プレイ時間約27時間
総合評価C

~あらすじ~

母子家庭ながら、平凡な学生生活を送っていた主人公・志藤征斗(しどう ゆきと)は、
母の喫茶店を手伝いつつ、幼なじみの槙野萌菜香(まきの もなか)の
お弁当を作ったり、何一つ不満のない毎日を送っていた。
しかし、父の死により日常は一変する――
突然やってきた父の秘書だという女性から知らされた、許嫁の存在。
今すぐ結婚しなければ、父の遺した莫大な借金により住む家さえ失うという。

「ちょ、ちょっと待ってよ! 急にそんなこと言われても……」
「いいえ、待てません。何故なら、あなたのフィアンセは、もうすぐ来日するからです」
「来日って………なに??」

遠くヨーロッパの島国、コラングレイン公国の名門貴族・ソレイユ家のご息女である
ヴィオレッタ・ソレイユ姫は、すでに日本へ向けて出立していたのであった。
――心の整理もつかぬまま、征斗はヴィオレッタと対面することに。
初めは乗り気ではなかったが、彼女の美しい姿にまんざらでもないご様子。
しかし、そんなまんざら気分をへし折るように姫様は言う。

「そなたが私のフィアンセか。ならば剣をとれ!」

持ってるわけないし!
いきなり文化の壁に阻まれる若いふたり。しかし話はそれだけじゃ終わらない。
ふたりの縁談を巡り、動き出す運命の歯車。
征斗のフィアンセの座を奪おうと、集まってくる美少女たち。
ヴィオレッタと同じくコラングレインの名門貴族のご令嬢、エーリカ・フランベルジュ。
学園のご隠居姫こと、花京院椿(かきょういん つばき)。
幼なじみの萌菜香も黙っちゃいない!

果たして征斗は、無事結婚できるのか?
そもそも彼は、結婚したいと思っているのか?
征斗のフィアンセの座をかけて、乙女たちのたおやかで熱い、
バトルという名の争奪戦が始まる……。

■シナリオ

共通約8時間、個別は各3時間半~4時間程度。
タイトルとパッケ絵から“戦う美少女達の物語”を思いがちですが
その中身はというと意外と普通の萌えゲーだったり。
基本は鈍感主人公がどの嫁候補と結婚しようかなと迷いながらも
その傍らで嫁候補同士の主人公争奪戦が行われるといった感じ。
争奪戦といってもけっこう微笑ましい穫り合いですがね。

作品内における最終的な目標がどのルートも同じなので
似たような展開になってしまうのはまあ致しかたなし。
しかし、個別の出来不出来の差はルートによってかなり激しく、
特にデュエル部分の出来がそのままその差を顕著に表していたかと。

■キャラクター、グラフィック

ヴィオレッタ・ソレイユ槙野 萌菜香
花京院 椿野咲 雛菊エーリカ・フランベルジュ

攻略ヒロインは全部で5人。私的には幼なじみの一強かも。
人気投票を見るにそんなことはないみたいですけど
それでも人気は一極集中してるっぽい。特にヴィオレッタモナに。
サブにはウザいキャラが複数、といっても少々子供っぽいだけで
萌えゲーでは普通のレベル。むしろカワイイと思うのですが。

原画は主にお二人で担当されていましたが目元を見るにおそらく

了藤誠仁 → ヴィオレッタ、萌菜香、雛菊(巴ママ、ちよちゃん、アイナ)
吉飛雄馬 → エーリカ、椿、(杏子、龍子さん、男キャラ)

振り分けはこんな感じ。
洗練された感じはない絵(塗りのせいだと思う)なのですが
キャラの特徴をそのまま表情へ的確に表現しており見ていて
キャラの心情がとてもよく伝わってくる良い絵を描かれていました。

あと、鳥取砂丘先生のSD絵はなぜこんなに味があってかつ可愛いのだろうか。いつも見るたびそう思います。

了藤誠仁先生 『mstl-60997』
mstl-60997

吉飛雄馬先生 『もれきゅらーくろっく!』
もれきゅらーくろっく!

鳥取砂丘先生(SD原画担当) 『奇妙堂古書店』
奇妙堂古書店

■音楽、CV

BGMよかったですね。冬にピッタリの曲が多かったです。
中でも一番よかったのは『逆転』かな? これは冬関係ない曲なんですけど
最近プレイしたゲームの中では一番印象に残っている曲かもしれません。
“約束された勝利の剣!”って感じのこの曲が流れ出すたび心が熱くなりましたね。
華やかでもありストーリー上、最も盛り上がる場面で流れましたし。

OP『Snow wish』はゲーム内容とマッチした実に素晴らしい良曲。神曲でもいい。
作品内の季節でもある冬、そして舞い散る雪をイメージしており、
戦う女性達の凛々しさを、そしてそんな彼女達が恋することにより
心の中に目覚めた乙女らしさの両方を見事に表現しています。
二番以降、メロディーラインが若干増えてさらに盛り上がるので
ぜひ製品版を購入し、フルバージョンで聞いてもらいたい一曲ですね。
(※初回限定版にはサントラCDが付属)

CVはヴィオレッタに少し固さが目立ったぐらいで
あとは特に問題なし。むしろあの固さがヴィオレッタっぽい。
ベテラン勢に関してはさすがの貫禄といったところでしょうか。
似合いすぎていました。萌菜香とかはもうこれ以上ないくらいに。



感想

タイトル負けはしていなかったと思うこの作品。

一部ヒロインのシナリオにガッカリすることもありましたが、
キャラ萌えに関しては全ヒロインともに非常によい出来、
また心配していたデュエルの描写も案外見れるレベルにまとめており
全体を通して見ればなかなかの良作だったなあと。
(某花乙女や某黙ムコと比べるのは失礼なぐらいよかったですw)
けっこうなシナリオボリュームでありながらこのクオリティは
第一作目としては十分すぎるレベル、むしろ出来すぎでしょう。

フリーズはさすがにしませんでした

あとはシステム面さえしっかりしていればもう少し評価高かったんですけどねえ。
今時、クリック時のボイスカットON/OFFが無いのは致命的だし、
それに立ち絵がアップになる場面(↑のような上下帯あり)において、
表情が変わるたび数秒待たされるのはかなり痛かったですね。
場合によっては十数秒間固まることもありましたし。

※おそらくスペック不足によるものだと思いますが真偽は不明@Celeron1.46GHz

次回作ではこういった細かい点でストレスを感じさせないよう、
より良いものを作っていってほしいですねプラリネさんには。
でもなんだかんだ言って次回作が楽しみなメーカーさんにもなりましたよ^^



最後に

プレイしようと思われている方はまず体験版を必ずやるべし!
ボリューム(5時間ぐらい)あるので合うかどうか判断しやすいですし。
合えば間違いなくオススメですね。最後まであんな感じですから。
あとはヴィオレッタ、モナ、エーリカ、巴ママあたりに
なにか惹かれるモノがある方にもオススメしておきます。
激しく萌えられること間違いなしですので。



お気に入りキャラ
萌菜香、エーリカ、鈴木さん(笑)

おすすめ攻略順
特になし。ヴィオレッタは最初がいいかも?



拍手する
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter...
プロフィール

shin5


Author:shin5(詳しくはこちら)

エロゲ100の質問集に答えてみた
エロゲーブロガーへの66の質問に答えてみた

好きな声優:井村屋ほのか
夏野こおり、鮎川ひなた
五行なずな、etc…(敬称略

訪問者PV
QLOOKアクセス解析
サイトマップ
カテゴリ
最新コメント
  • 04/20:shin5
  • 04/19:ZAGOL
  • 04/07:shin5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。